ホーム > 製品情報 > 膜分離活性汚泥法

製品情報膜分離活性汚泥法

膜分離活性汚泥法

概要

膜分離活性汚泥法は、従来の沈殿池に代えて精密ろ過膜を用い、下水・工場排水の処理水と活性汚泥の分離浄化を行う方式です。
ろ過膜による分離で、重力沈降に比べ、より清澄で確実な分離が可能です。

関連キーワード

中空糸膜、精密ろ過、MF

特長

  1. 従来の標準活性汚泥法に比べて、沈殿池設備、消毒設備が不要となり、反応タンクでの活性汚泥濃度を上げて、施設を小型化できます。
  2. 消毒剤を使用せず、高度な処理水質を得ることができます。
  3. 既設の躯体を生かしたままで、施設の処理能力の増強や、処理水質の高度化が可能です。
  4. 活性汚泥の管理が容易で、巡回管理でも維持管理が可能です。

フロー図

膜分離活性汚泥法のフロー図

仕様

主な用途

本製品に関するお問合せ

環境営業部 TEL 044-246-7236 / FAX 044-246-7238

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ