ホーム > 製品情報 > 三菱伸縮アーム式自動除塵機

製品情報三菱伸縮アーム式自動除塵機

三菱伸縮アーム式自動除塵機

概要

三菱伸縮アーム式自動除塵機は、機器本体を下水処理場の沈砂池等の水路上に設置するため保守点検が容易であり、伸縮するアームによりスクリーン面の任意の位置より掻き取りが出来ます。バランスウエイト及びアームの特殊スライド機構により、低騒音かつ低動力です。
スクリーン有効幅が広く、掻取容量が大きく、また大きな夾雑物を安定して掻き取ることが出来ます。

関連キーワード

三菱伸縮アーム式自動除塵機、間欠式自動除じん機(伸縮アーム型)、自動スクリーン

特長

  1. 伸縮アーム式除塵機は、水路内に機器を設置しません。
  2. 伸縮アーム式除塵機は、水路全面にスクリーンを取り付けるため、有効水路幅が大きく効率的な除塵作業が可能です。
  3. 豪雨等の緊急非常時に対応した冠水型伸縮アーム式除塵及び複数の水路に対しての走行型伸縮アーム式除塵機も特殊仕様機として製作可能です。
  4. 伸縮アームは、二連アーム形を採用し、大きな池幅に幅広いレーキの取付が可能で、レーキは安定し、傾き振れが少なく、スクリーン有効目幅の小さいものが可能です。
  5. レーキはスクリーン面の任意の深さからし渣をかき揚げることが可能です。
  6. 伸縮機構に特殊スライド構造とバランスウエイトの採用により、同種の除塵機より低動力で、より静かな運転が行えます。
  7. 機器本体及び駆動装置は、水上部に設置され、掻取用レーキは上部で停止待機するため、保守点検が容易です。

構造図

三菱伸縮アーム式自動除塵機の構造図

伸縮アーム式除塵機は、駆動装置、上部アーム、下部アーム、レーキアーム、ワイパー、スクリーン、シュート、フレーム等より構成されます。

各アームの伸縮は、本体チェーンによって行われます。

開動作後アームは下降し、所定の深さ(下限位置)に達するとアームは閉じ、スクリーン面に一定圧で噛合い、スクリーン上のし渣をレーキにより掻揚開始します。

上限付近に達するとワイパーが作動し始め、レーキ上のし渣類をシュートを介し機器外部へ排出し、上限位置で完了、停止します。

主な用途

本製品に関するお問合せ

環境営業部 TEL 044-246-7236 / FAX 044-246-7238

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ