ホーム > 製品情報 > ごみ浸出水処理施設

製品情報ごみ浸出水処理施設

ごみ浸出水処理施設

概要

近年の生活水準の向上、社会構造の変化に伴う多様化と合わせて環境問題の高まりとともに、一般廃棄物最終処分場浸出水処理施設は、より適切な処理が求められています。 
当社の一般廃棄物最終処分場浸出水処理施設は、浸出水中のBOD、COD、SS、T-N、カルシウムをはじめ、ダイオキシン類、塩類等、高度処理技術が必要な多くの汚濁成分の処理に対応出来ます。

関連キーワード

一般廃棄物最終処分場浸出水処理施設、ごみ浸

特長

  1. 必要とされる処理水水質により、生物処理・高度処理のユニットを合理的に組み合わせてプロセス全体を設計します。
  2. 生物処理工程に接触ばっ気方式または回転円板方式を採用していますので、急激な水量・水質の変動にも容易に対処できます。また、活性汚泥方式に比べ、返送汚泥・MLSS・空気量などの操作が不要で維持管理が容易です。
  3. カルシウム処理設備は、流入カルシウム濃度に合わせて、スケール抑制法及びカルシウム除去法が選択出来ます。
  4. ダイオキシン処理設備は、オゾン酸化とUV(紫外線)照射を組み合わせ、ダイオキシン類を分解する設備です。加圧下で分解反応をさせることが特長で、オゾンを効率よく溶解させ、UV照射時の気泡の存在を少なくし、高速で効率よいダイオキシン類の分解を行います。
  5. 塩類処理設備は、流入塩類濃度に合わせて、イオン交換膜電気透析法及び逆浸透膜法を選択または両方を組み合わせ、処理を行います。
  6. 運転管理が容易な設備や方式を選択し、かつ機械は自動運転、水質データ及び機械必要データは自動記録するようになっています。また、施設の遠方監視及び遠隔操作システムにより、作業員の非常駐化も可能です。

フロー図

フロー図

仕様

システムは性状によって異なります。ご相談ください。

本製品に関するお問合せ

環境営業部 TEL 044-246-7236 / FAX 044-246-7238

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ