ホーム > 製品情報 > スイングディスクスクリーン

製品情報スイングディスクスクリーン

スイングディスクスクリーン

概要

下水等の処理に伴い発生する汚水・汚泥・スカムから夾雑物を連続的に分離除去するディスク型のスクリーンで当社が独自に開発しました。従来のスクリーンは構造上どうしても髪の毛や綿くずなどの繊維状物質による目詰まりを起こし易く、また、固形物濃度の高い最初沈殿池汚泥等の処理には向かないとされてきましたが、これら従来の問題点を解決したものです。

関連キーワード

濃縮前処理、スカム処理、汚泥中の夾雑物除去

特長

  1. スクレーパが、ディスクの空洞部分まで差し込まれているので、ディスクの間に付着した夾雑物も完全に除去され、目詰まりが生じません。
  2. ディスクは一体物のドラムから製作されているので、高い加工精度が得られディスクとスクレーパとのクリアランスを少なく、また、正確にとることができます。ディスクは20mm以上の奥行があるので毛髪等の巻きつきがありません。
  3. スクリーンの回転速度を変化させることにより処理量を加減できます。処理量調整装置を流入水量に応じてセットできるので、夾雑物はスムーズに掻き上げられ排出されます。
  4. 汚泥など濃度が高く、夾雑物の多い場合でも回転式スクレーパを用いることにより、夾雑物の除去を効率よく行うことができます。

フロー図

フロー図

構造図

仕様

型番  寸法(mm) 動力
(kW)
概算重量(kg)
固定式
スクレーパー
回転式
スクレーパー
MH320~350 800 2,000 2,000 0.4 1,200 1,300
MH520~550 950 2,000 2,000 0.75 1,500 1,650
MH820~850 1,250 2,000 2,000 1.5 1,900 2,100
MH1030~1050 1,650 2,300 2,500 2.2 2,650 2,850
ドラム機構材質 : SUS
回転数 : 1~3 (rpm)

本製品に関するお問合せ

環境営業部 TEL 044-246-7236 / FAX 044-246-7238

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ