HOME
HOME 事業案内 事業トピックス 技術力と実績 会社案内 採用情報
事業トピックストップ
圧力容器製造
GEN
真空乾燥システム
アスベスト調査・分析
太陽光発電システム
アスベスト調査・分析
〜調査、測定、分析、除去作業、廃棄物処理まで全てに対応〜
  低温灰化一分散染色法により正確なアスベスト粉塵濃度の測定が可能。除去・撤去工事、廃棄物処理まで全てに対応可能です。

(1)建材製品中のアスベスト含有率測定

(厚生労働省 基発第0821002号)
2006年9月に規制対象となる物の石綿含有率が1%から0.1%に強化されました。弊社の分析はこの0.1%に対応しています。

(2)天然鉱物中のアスベスト含有率測定

(厚生労働省 基発第0828002号)
JIS法(JIS A1481)では「石綿を不純物として含有する恐れのある天然鉱物、およびそれを原料としてできた製品については、適用しない」とされています。このため、建材中と天然鉱物中の石綿含有率分析方法が異なり、弊社は両方の分析方法に対応可能です。

(3)空気中のアスベスト粉塵測定

(平成元年環境庁告示第93号、JIS K 3850-1)
平成元年環境庁告示第93号の方法では、アスベスト以外の繊維数も計数してしまう可能性があるため粉塵濃度が過大に評価されることがあります。弊社はいち早く低温灰化装置を導入し、位相差・分散顕微鏡法による計数法を確立していますので、実際の正確な粉塵濃度が測定できます。
(4)建築物・工作物のアスベスト診断
診断結果に基づいて、アスベスト処理の要否、解体処理工事の適正化、関係法令(労働安全衛生法、大気汚染防止法、建築基準法、産業廃棄物処理法、建設リサイクル法など)を遵守した適切な対処方法を提案できます。
お問い合わせ先:【本社・環境設備部環境測定課】
 TEL.044-355-0598 FAX.044-333-6319
>>その他のお問い合わせ先

<< 三菱化工機株式会社ホームページへ