ホーム > CSR > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

基本姿勢

当社グループは、株主をはじめすべてのステーク・ホルダーとの信頼関係をより強化するため、効率的な経営体質・体制を確立するとともに公正で透明性の高い経営を行うことが、コーポレート・ガバナンスの基本と考えております。
また、企業の社会的責任を認識し、法令遵守はもとより企業倫理に基づく行動の徹底をはかり、より信頼される企業を目指し、効率的な事業活動を推進していくこととしております。

コーポレートガバナンス報告書のページへ

コーポレートガバナンス体制

企業統治の体制(経営上の意思決定、業務執行及び監督・監査)

当社は、取締役会を毎月1回以上開催し、経営の基本方針、法令で定められた事項及びその他経営に関する重要事項をを審議・決定するとともに、業務執行状況を監督、経営計画の進捗状況の確認等を行っています。
また、当社は平成28年6月に監査等委員会設置会社へ移行いたしました。監査等委員会は監査等委員である取締役3名で構成されており、うち2名は社外取締役であります。監査等委員は取締役会をはじめ社内主要会議に出席、重要書類の閲覧、各部門及び子会社の調査、代表取締役及び取締役に対する業務執行についての監査・監督を実施することとしております。
更に当社は、執行役員制度を導入しており、迅速かつ適切な意思決定と効率的な組織運営を進めてまいります。

内部統制システムの整備の状況等

当社グループは、コンプライアンスの徹底とリスク管理の観点から、各部門及び子会社の業務が適正かつ効率的に遂行され、なおかつ、財務報告の信頼性が確保される内部統制システムの充実強化を進めてまいります。
当社は、取締役会の補佐機能として内部統制委員会(その下部組織として内部統制チーム)、社長直轄の機関として内部監査室を設置しており、これらの組織が、当社グループ全体の内部統制システムの構築運営状況のモニタリング、個々の業務活動の適正性の調査並びに各部門内のチェックの有効性を確認しております。
その結果、内部統制上の問題が発見された場合は必要な是正措置をとっています。

リスク管理体制の整備の状況

当社グループは、業務遂行上のリスクの発現を未然防止、または最小化に努めています。
当社は、取締役会の下にリスク管理委員会を設置し、当社グループの全体的なリスクの把握と対策について審議を行っています。
中でも、コンプライアンスの徹底を重要な課題と位置付け、コンプライアンス委員会を設置し、当社グループ全体のコンプライアンス施策について企画・実施しております。
コンプライアンスの根幹をなすものとして、「三菱化工機グループ行動憲章」及び「三菱化工機グループコンプライアンス行動基準」を制定し、当社グループの全役員・従業員(社内協力会社社員を含む)に対して配布するとともに、コンプライアンス研修を実施し、その周知徹底をはかっております。
また、個人情報保護法及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の遵守徹底のため、個人情報及び特定個人情報等保護方針(プライバシー・ポリシー)を制定し、個人情報及び特定個人情報等の保護に努めています。
当社では、「情報セキュリティ管理規程」を制定しており、全社を挙げて情報資産を安全かつ適正に使用するための行動指針を定め、情報資産の漏洩、破壊、損失に関するリスク管理に努めています。
情報セキュリティにかかわるリスク管理体制として、情報セキュリティ委員会を設置し、情報セキュリティにかかわる事項の整備等、迅速に対応できる体制としております。

ページの先頭へ